キーワード:

価格:

トップページ > かばん販売一筋SAKAEブログ > 【学生必見】就活バッグを選ぶ4つのポイント~男子編~

目々澤鞄ブログ

【学生必見】就活バッグを選ぶ4つのポイント~男子編~

2015.02.12


1222_04

スーツと靴は揃ったし「あとはバッグを買うのみ」という就活男子、ちょっと待ってください。
シンプルなバッグならなんでもいいと思っていませんか? それは大きな間違い。

バッグは身だしなみの一部です。面接官は意外とチェックしていますよ。
バッグを買いに行く前に、就活バッグを選ぶときに男子が注意すべき4つのことを
確認しましょう。

【1】黒い無地を一択する

1222_05

就活男子は柄と色を選択する余地はありません。
無地黒いビジネスバッグこそ就活に適しています。
ナイロンや合皮素材をつかったバッグにしましょう。

素材がリアルレザー、ブランドのロゴが目立つバッグは「高級志向」といったイメージに。
誠実そうな学生を面接官は好むはずですから、背伸びをせず無難なバッグを選びましょう。

【2】自立する

就活バッグを選ぶ際、もっとも重要なポイントは自立するかどうか。

地面にバッグを置く機会があらゆる場面で多くなる就職活動。セミナー、説明会、受付や面接といった場面です。
ペタっと地面に倒れるバッグは見栄えが悪いうえ、だらしない印象に。
アイロンがかかっていないヨレヨレのスーツと同じです。

中身が入っていなくても自立するバッグを選びましょう。

【3】A4「ファイル」が入る大きさ

1222_06

会社案内の資料やエントリシートはたいていA4サイズですが、書類をファイルや角2封筒にまとめて渡してくれる企業がほとんどです。
たいていのビジネスバッグはA4サイズですが、まれにA4書類は入ってもA4ファイルが入らないバッグがあります。

大切な書類や封筒を折り曲げることのない「A4ファイルが入るバッグ」を選びましょう。

【4】携帯を収納するスペースがある

色々なモノを持ち歩く就活活動。資料だけではなくスマホや手帳、ペットボトルや折り畳み傘などといった私物も持ち歩きます。
バッグの中がごちゃごちゃでスマホが取り出せないなんてことになると、企業の連絡を取り損ねる可能性も。

そんな状況を避けるために、定位置に携帯が収納できるポケットのあるバッグを選びましょう。
また、携帯意外の私物が収納できるポケットがあるかどうかもポイントです。

ポイントのまとめ
いかがでしたか?就活バッグもスーツや靴と同じように身だしなみの一部です。
就活中毎日持ち歩くものですので、4つのポイントを押さえた使いがっての良いものがおすすめです。

スーツ選びと同じくらい真剣に、就活の戦力になるバッグ選びを心がけましょう。

「きちんとした仕事バッグが欲しい。」


ページトップへ