キーワード:

価格:

トップページ > かばん販売一筋SAKAEブログ > カテゴリー: かばん・バッグ コラム

目々澤鞄ブログ

カテゴリー: かばん・バッグ コラム

9月1日は防災の日です。年に一度は持ち物チェックを

2017.08.15

こんにちは

 

9月1日は防災の日です。この機会を利用して、下記の項目を今一度ご家族皆様で確認されてはいかがでしょうか。

 

ここのところ また地震が多くて心配になりますね。私も、何もないと災害のことなどすっかり忘れてしまいます。防災の日も近いので、緊急時に考えたほうが良いこと、持ち物リストをご紹介します。

 

 

・緊急用持ち出しバッグの準備

・食べ物、飲み物の備蓄の確認

・ご家族内の安否連絡の手段

・家具の配置、ストッパー

・お住まいの地域の避難場所、避難の道順

・お勤め先周辺の避難場所、帰宅経路

 

 

非常時の持ち出し品のご参考になれば↓

・保存のきく食料品(缶詰・クラッカー、チョコレート、カップ麺、あめ、レトルト食品)

・ペットボトルなどに入った飲料水

・貴重品(現金・印鑑・通帳・保険証など)

・マスク、防災ずきん、ヘルメット、軍手

・救急用品(常備薬、包帯、カットバン、消毒液etc))

・懐中電灯、予備の電池、携帯式ラジオ、携帯電話の充電器

・ごみ袋、輪ゴム、洗濯ばさみ、筆記用具

・洗面用具、携帯式トイレ、新聞紙

・ウェットティッシュ、携帯用カイロ(ホットとクールも)

・ハンドタオル、ティッシュペーパー

そのほかにも、ミニホイッスルや折りたためるコップなど、場面を想定して準備してみましょう。

また、赤ちゃんや小さいお子様がいらっしゃる場合は、ミルク、紙おむつ、哺乳瓶なども必要ですね。必要な方はドッグフードも

 

官庁でも非常用持ち出しバッグの中身の案内をしてます↓↓ ご参考にしてみてください。

総務省消防庁

消防庁持ち物チェックシート

政府広報オンライン

 

目々澤鞄では、防災の日バッグ特集ページで お勤め先で被災した時に、会社に置いておく帰宅地のリュックや、自宅から安全な場所での避難生活の持ち出し用のリュック、ご家族が多い場合は大きめのボストンバッグも必要です。

9月1日防災の日

9月1日防災の日

 

 

 

 

 

 

バッグの耐荷重について

2017.08.14

こんにちは!  店長の目々澤です。

お盆休み期間中なので、取引先の会社さんがお休みということもあり、電話も少なめで静かです。 

今日の電話でのお問い合せ

目々澤鞄オリジナル ボストンバッグ 1412533  や レディースビジネスバッグ 1412530 の耐荷重について

何キログラムまで入れても良いか

学生さん 

教科書を沢山いれる  5kg 8kg

それを毎日使っても大丈夫かどうか

・1412533は旅行やお出かけの 着替えや小物、傘、ペットボトルなど 日用品などを入れることを想定しているので、本体は丈夫なナイロン素材なので破れたりすることはないけれども、ハンドルが合皮素材なので、3か月位は大丈夫ですが、1年もつ保証はありません。

・1412530は、ビジネスでの使用を想定しているので、本体ナイロン部分は同様に壊れることはなく、ハンドルも太く 1412533に比べれば丈夫です。ハンドルは、合皮素材なので通常の仕様でも1年以上は難しいです。そのために替えのハンドルをオプション販売しています。

と回答をいたしました。 

結局 2本ともご注文をいただきました。

2017年 父の日おすすめのバッグ財布

2017.05.15

お父さんに感謝を込めて

お父さんに感謝を込めて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年の6月18日(日)は父の日ですね。日頃なかなか伝えられない「ありがとう」の気持ちを伝えるお手伝いをします。 

今年は 目々澤鞄オリジナル企画バッグ、 アイコスケースや、人気メンズブランド トロイブロス Troybros の本革バッグ小物も仲間入りしています。 是非チェックしてみてください。 

ID:848s7e

2017年 母の日おすすめのバッグ財布

2017.04.02

2017年の5月14日(日)は母の日ですね。日頃なかなか伝えられない「感謝」の気持ちを伝えるお手伝いをします。

2017母の日の特集ページでは、選びやすく人気商品をランキング、予算別、タイプ別でご案内しています。 是非チェックしてみてください。 

2017年母の日バッグ財布

2017年母の日バッグ財布

鞄や小物に欠かせない部品たち

2017.02.08

鞄や小物をつくる脇役

バッグや小物には、革や布の他にも、主に金属製やプラスチック製の部品が多く使用されます。ここでは、それぞれのパーツの特徴を紹介します。

パーツの特徴

■口金(くちがね)
ダレスバッグや、がま口タイプの財布やポシェットなどの口枠。サイズ、機能、形状はさまざまです。

■鋲(びょう)
リベット、カシメとも呼ばれます。主にバッグのハンドルやベルトの付け根など、革どうしをしっかりと留める場合に使用されます。レザーアイテムの飾りとして使われる場合もあります。

■底鋲(そこびょう)
鞄の底に取り付けられている金具。鞄を床に置いたときにが汚れたり傷ついたりするのを防ぎます。

■ハトメ
ハトメリングとも呼ばれます。生地に開けた穴に金属縁をつけて補強する金具で、円形で中央に穴があいています。

■ホック
ボタンホールの要らないボタン金具。オスとメスがあり、2個1セットで使用します。

■錠前(じょうまえ)、ダイヤル錠、オコシ、ヒネリ
バッグのかぶせなどを留める金具。鍵付きの「錠前」、ダイヤルを回して鍵の開閉をする「ダイヤル錠」、留め具を起こして開閉する「オコシ」、つまみ部分を回転させて開閉する「ヒネリ」など、形状や留め方によって呼び方が異なります。

■ファスナー
エレメント(歯の部分)、スライダー(開閉部分)、テープ(エレメントが植え付けられている部分)、止め具の4つの部分から成り、歯車のようにエレメントを噛み合わせて開閉します。

■面ファスナー
一般的にマジックテープと呼ばれています。ループ(輪状の起毛面)にフック(突起面)を合わせることで簡単に開閉ができます。

■バックル
尾錠、美錠とも呼ばれます。ショルダーベルトの長さを調整したり、ショルダーベルトやハンドルを鞄本体につなぐ役割をします。

■ナスカン、手カン、Dカン
ショルダーベルトやハンドルを鞄本体につなぐ際に使用されます。フック金具の一部を開閉して着脱できる「ナスカン」、持ち手を接続する「手カン」、アルファベットのD形の「Dカン」など、用途や形状によって呼び方が異なります。

■鎖(チェーン)
ハンドバッグやパスケースなどの持ち手や、鞄などの装飾に使用されます。

 

北千住からJR常磐線で、3駅の日暮里の繊維街にいくと ベルトやバッグの上記のような部品が売っていて、見るだけでも楽しいですよ。

皮革製品が長持ちする保管方法

2016.12.05

意外と知らない?保管方法

革製品は長期間放置しておくと、カビや型崩れで台無しになってしまうことがあります。大切なレザーアイテムを長く美しく使うために、適切な方法で保管をしましょう。

 

カビは革の大敵!

湿気と栄養分はカビの大好物。手指の油やクリームのたっぷり付いた革製品を湿度の高い場所で保管すると、簡単にカビが生えてしまいます。まずは保管する前に、柔らかい布での乾拭きやブラッシングでカビの養分となる汚れを落としておきましょう。
その後は風通しのよい日陰で陰干しをして乾燥させます。本革は熱に弱いので、直射日光やドライヤーなどの熱を当てることは避けてください。

 

きれいな形を保って保管する

バッグを保管する際は、型崩れ防止と湿気取りのために、紙やタオルを丸めて詰めましょう。新聞紙は湿気を吸収しやすいのでオススメですが、内装にインクの色がうつる恐れがあるので、タオルやキッチンペーパーなどで包んでから詰めてください。
その後、傷や埃がつかないように不織布のような通気性のよい素材の袋に入れ、直射日光が当たらない通気性のよい場所で保管します。自立するバッグの場合は、立てて置くと型崩れせずに保管できます。

 

たまには休憩を

本革のバッグや小物は、長く使えば使うほど深い味わいを楽しめます。しかし使いすぎると革が疲れて型崩れしてしまうこともありますので、時々は休ませてあげましょう。複数のバッグや小物を交代で使用し、使わない間は良い状態で保管しておくと、お気に入りのレザーアイテムを一層長くお使いいただけるはずです。

本革の代役、人工素材

2016.10.13

天然革に近い質感へ

昭和20年代以降、天然皮革の代替品として合成皮革、人工皮革が開発されました。素材の品質にムラがなく安価で扱いやすい半面、経時劣化しやすく、傷の補修が困難というデメリットもあります。

合成皮革(合皮)

合成皮革は、不織布や織物といった布地の表面に合成樹脂を塗布し型押しをして天然皮革に近い質感に仕上げた人工素材です。表層の樹脂の違いにより、ポリウレタン樹脂を使用したPUレザー、塩化ビニル樹脂を使用したPVCレザーの2種類に大きく分けられます。 PUレザーはフェイクレザーと呼ばれ、しなやかで柔らかく、本革に近い質感をしています。軽量でお手入れが簡単ですが、湿気や紫外線などで加水分解を起こすので長期間使用すると劣化して表面がぼろぼろになります。一方、PVCレザーはPUレザーよりも硬くツルツルとした質感で、汚れや水に強いという特徴があります。こちらも経時劣化により表面の樹脂コーティングが割れたり、硬くなったりします。

人工皮革

人工皮革は、人工的に本革の構造や機能を再現した素材です。ポリエステルやナイロンなどの繊維を織り込んだ不織布にポリウレタン樹脂を浸透させ、その上にポリウレタン樹脂や塩化ビニル樹脂などを塗って本革のようなデザイン加工を施すことで、より天然革に近いソフトな質感や風合いに仕上げています。通気性、耐水性、耐久性、耐摩耗性に優れていますが、長期間使用すると徐々に劣化するため、本革のようにエイジングを楽しむことはできません。

安心と信頼の証

2016.10.08

マークの意味をご存知ですか?

天然皮革製品は、厳正な審査を経て、品質の保証や、適正な手法での原料の輸入・加工などを証明するマークが発行されます。革の鞄や小物を安心してお使いいただけるように、代表的なマークについて紹介します。

 

JRA

全日本爬虫類皮革産業協同組合(全爬協、Japan Reptile Leather Industries Association)の頭文字を取ったもので、日本やアジア各国で商標登録されています。これはワニ、蛇、トカゲ、オーストリッチ等のエキゾチックレザー製品が、ワシントン条約に基づいて適正に輸入され、日本国内で製造されたことを証明するマークです。全爬協は1981年以降、該当商品にJRAのタグ、織りネーム、しおりの3点をつけて販売する事業を進めています(ベルトはタグとしおりの2点、時計バンドはシールのみ)。

 

ジャパンレザープライド

日本国内で生産された天然皮革素材のイメージアップを目的として作成されたマーク。国産の天然皮革を使用し、国内で製造されたバッグや小物などにこのマークのタグが付けられています。国産皮革の生産者としての誇りをもち社会的責任を果たすことへの意識を高め、消費者に安心を届けるマークです。

日本エコレザー

日本エコレザー基準(JES:Japan Eco Leather Standard)に適合し、「製品の製造・輸送・販売・再利用」のサイクルの中で、環境負荷の低減に配慮し、環境面への影響が少ないと認められた革材料。天然皮革、発がん性染料不使用、有害化学物質(ホルムアルデヒド、重金属、ペンタクロロフェノール、禁止アゾ染料)に関する検査済み、吸気が基準値以下、排水や廃棄物が適正に管理された工場における製造、染色摩擦堅牢度が基準値以下、という6つの条件をクリアした革製品のみ表示することができます。

 

レザーマーク

天然皮革であることを証明し、品質に対する信頼と販売促進を目的として国際タンナーズ協会が定めたマークで、一般社団法人日本タンナーズ協会がこのマークを商標登録しています。1987年以降、鞄、ハンドバッグ、靴、ベルト、手袋、衣類の6分野で、各分野に合う文字を使ったマークが使用されています。

 

 

 

マグネットホックにご注意!

2016.09.08

マグネットホックのトラブル

マグネットホックとはその名のとおり磁石の力でくっ付くホックで、マグネットボタンとも呼ばれています。ハンドバッグや財布のかぶせ部分や、鞄のポケット部分などに多く利用されています。留める際に押し込む必要がなく、スマートに開閉ができてとても便利なのですが、実はこのマグネットホックで思わぬトラブルが生じることもあります。
バッグなどのマグネットホック部分にクレジットカードやキャッシュカード、通帳の磁気テープなどが触れると、データが破損して使えなくなる場合があります。トラブルを回避するために、磁気を使用するカード類はマグネットホックから離して収納するようにしましょう。

さまざまな革の持ち味 2

2016.09.01

エキゾチックレザー

牛や馬などの革に対し、爬虫類、鳥類、魚類などの特徴的な模様をもつ革を「エキゾチックレザー」と呼ばれます。独特の雰囲気を醸し出すエキゾチックレザーの特徴について紹介します。 それぞれ特徴的な持ち味があり、カバン、財布小物など製品の趣を楽しむことが出来ます。

– カンガルー革 –

■カンガルーレザー(kangal ) 牛革(カーフスキン)とよく似ており、薄くてしなやかながら強度に優れた素材。高級皮革として扱われます。サッカーや野球のスパイクなど、スポーツシューズとして使用されることもあります。

– 鹿革 –

■ディアスキン(deer) 牝鹿の革。丈夫で柔軟性があり手触りのよい質感で、通気性が良く蒸れにくいのが特徴です。傷が付きやすいので取扱いには注意が必要です。

– 象革 –

■エレファントレザー(elephant) 輸出入の規制が厳しく特に希少価値の高い高級素材。厚みがあり耐久性・耐摩耗性に非常に優れています。独特の大きなシワや模様があり、コシのあるしなやかな質感です。

– 駱駝革 –

■ラクダ革(camel) 希少性が高く、欧州では高級素材として扱われる革。しなやかで厚みがあり、耐久性は牛革の約2倍といわれています。

– ダチョウ革 –

■オーストリッチ(ostrich) ダチョウの胴体の革。柔軟性で厚みがあり、強靭な耐久性を誇ります。羽毛を抜いた後にできる丸い突起(クイルマーク)が特徴ですが、このクイルマークがみられる部分は革の約4割と少なく大変貴重視されています。 ■オーストレッグ(ostrich leg) ダチョウの脚の革。爬虫類のうろこのような独特の模様があります。

ワニ革

■クロコダイル(crocodile) イリエワニ、シャムワニ、ナイルワニ、ニューギニアワニの革。凸凹とした独特のうろこ模様が特徴で、革の王者とも呼ばれるワニ革の中でも最上級とされます。柔らかな質感の腹ワニ、ゴツゴツとしたハードな質感の背ワニと、使用部位によって特徴が異なります。 ■アリゲーター(alligator) アメリカに生息するミシシッピワニの革。クロコダイルと比較すると少々ハリが弱いですが、主にバッグやスーツケースなどの大型製品に使用されています。こちらも高級ワニ革として扱われます。 ■カイマン(caiman) 石ワニとも呼ばれるワニ革。背中と腹のうろこは硬く、脇腹部分が素材として使用されます。クロコダイル、アリゲーターより価値は低いですが、強度があり水や傷に強い性質があります。

– 蛇革 –

■パイソン(python) ニシキヘビの革。個性的な斑紋模様が人気の素材です。連続した美しいダイヤモンド模様の「ダイヤモンドパイソン」、石垣模様の「モラレスパイソン」などがあります。

– トカゲ革 –

■リザード(lizard) リングマークトカゲ、ナイルオオトカゲなどの大型トカゲの革。細かいうろこ模様が特徴で、爬虫類革の中でも人気の高い素材です。

– 鮫革 –

■シャークスキン(shark) サメの革。強度があり耐水性に優れているので、お手入れのしやすい素材です。凸凹した網目状のシボ(しわ)がありざらついた感触ですが、使い込むほどにツヤが出てくるのが特徴です。

– エイ革 –

■スティングレイ(stingray) アカエイの革。シャグリーン、ガルーシャとも呼ばれます。傷に強く耐水性に優れており扱いやすい素材です。ガラスビーズを散りばめたような見た目で、硬くて光沢感があります。「スターマーク」と呼ばれる白い斑点をアクセントにしたデザインが人気です。 ※注釈:小動物の革をスキンといい、大きい動物の革をハイドといいます。ハイドは大判サイズで厚手で重いです。


ページトップへ