キーワード:

価格:

トップページ > かばん販売一筋SAKAEブログ > 月別ア―カイブ: 11月 2015

目々澤鞄ブログ

月別ア―カイブ: 11月 2015

皮革製バッグや革製品のメンテナンス

2015.11.19

長く使えるお手入れ術

レザーアイテムをお手入れって難しそうだし面倒かも…。そんなイメージをお持ちではありませんか?実は、普段のお手入れは乾拭きとブラッシングで十分なんです。乾いた柔らかい布で軽く拭いたり、馬毛ブラシでブラッシングをすることで乾燥の原因となる埃が落ち、革のもつ油分が表面に出てくることで美しいツヤが生まれます。ただし、スエードなどの起毛革は乾拭きできない素材なので、専用のブラシでブラッシングしてお手入れしてください。

 

汚れてしまったら…

汚れは時間が経つと取れにくくなるので、もし汚れてしまったら早めにケアをしましょう。まず柔らかい布で乾拭きしてみてください。乾拭きで落ちない場合は、布をぬるま湯で濡らして固く絞ってから拭き、もう一度乾いた布で拭きます。それでも落ちない場合は、革製品専用のクリーナーを布につけて優しく拭き、汚れを落とします。革製品専用クリーナーは汚れを落とすだけでなく、革のツヤ出しや保護効果があるものもあります。ただし塗りすぎるとシミの原因になる場合があるので、目立ちにくい部分で試してから試してから使用するようにしましょう。スエードなどの起毛革には使用できないクリーナーもあるので、素材と使用方法に注意してください。

 

定期的なメンテナンス

大切な革製品をいつまでも綺麗に使うために、1~2ヶ月に1度はメンテナンスをしましょう。普段のお手入れと同様に乾拭きやブラッシングで埃を落としたら、革専用のクリームで革に潤いと栄養を与えます。クリームを柔らかい布につけて全体に薄くのばしていきます。ゴシゴシと力を入れてこすると、革が傷んでしまうので優しく塗ってください。塗り終わったら、余分なクリームが残らないように全体を乾拭きしてください。
クリームでのお手入れの後は、革製品用の防水スプレーを全体にまんべんなく振りかけて撥水・防水処理をしましょう。かけすぎるとシミになる場合があるので、目立ちにくい部分で試してから使用してください。


ページトップへ