キーワード:

価格:

トップページ > 目々澤鞄 brand story > 女性用ビジネスバッグ誕生ストーリー

女性用ビジネスバッグ誕生ストーリー

「欲しい」をカタチにしてもらった

president

sainn



女性のためのビジネスバッグ
 
――こんな分かりやすい差別化なのに、今まで中々ありませんでした。

 
 

軽くて丈夫。でもPCもスマホも新聞や雑誌も、パンパンのお財布も、底の広いコスメ―ポーチも全部入って取り出しやすい。そして何より大事なのは、きちんと可愛いこと。

 
 


丁度いい、がなかった



世の中にあるビジネスバッグは、ほとんどが男性向け。

 

女性には大き過ぎるし、重過ぎる。何より無骨で可愛くない。
マチが広過ぎると、コスメポーチは中で動いちゃうし、雑誌は折れちゃう。小物をたくさん持ち歩く女性にとっては、ただ鞄に物が入ればいいってわけではありません。

 

バッグにこだわる女性だからこそ、細かいところが気になります。だから今まで丁度いい、がなかった。
とにかくこの頃、女性用ビジネスバッグで悩むことは多かった。毎日使うものだからこそ、鞄のストレスって意外と大きい。

 

私の、そして世のキャリア女性の丁度いい、を求める声に、目々澤鞄さんはきちんと耳を傾けてくださいました。

 

株式会社フューチャーショップ 東京支社でのインタビュー

株式会社フューチャーショップ 東京支社でのインタビュー


 

大荷物、でも全部すぐ使いたい



出張の多いビジネスシーンには、たくさんの荷物が必須。

 

PCはもちろんとして、まずケータイが大事。特に私はiPhone2台とAndroid1台の3台持ちなので。他にも会社のカードやハンカチやサプリ。ペンも、家の鍵も。新聞もや雑誌を持ち歩くことも多いです。それと、読書のためのKindleも。

 

どれも必要な時にさっと取り出して、さっとしまいたい。
全部が入って、全部がすぐ取り出せる鞄じゃないと駄目だったんです。

 

毎日ハードに使うからこその、価格感



出張の多いビジネスシーンには、たくさんの荷物が必須。

 

ビジネスバッグは毎日使うもの。さらに外出や出張が多いと、持ち歩く回数も多くなる。でも中身の詰まったバッグを移動中ずっと持っているとそれだけで疲れてしまいます。

 

男性のように気兼ねなくどん、と電車に置きたくなる時も多いです。

 

そんな時にいいかな、と思って気軽に置いてしまえる手軽な価格も、毎日使うビジネスバッグだからこそ必要だと思いました。

 

ただし価格を抑えても、機能性の低下は絶対にダメ。そんな要求にも、メーカーとの長い付き合いの実績がある目々澤鞄さんだからこそ、ペン差しやスマホを入れるポケットまで、一切手を抜かないモノで応えてくれました。

 

やっと丁度いい、と巡り合えました



ついに完成した 「Fiorire レディースビジネスバッグ」 をいただき、実際に使用してみると、まさに丁度いい。
軽くて丈夫で、エブリデイ持っています。もう、仕事の時はこれだけ。
2本目はグレーと迷いましたが、私はチョコを選びました。使ってみると、私の場合はチョコで正解。落ち着いているので、合わせやすいです。

 

女性のビジネススタイルを引き立てるデザインに、カラーバリエーションも魅力的。
世のキャリア女性の新たなスタンダードになっていくと思います。

 

今でも十分満足ですが、今後、一緒に使えるお揃いのデザインのポーチなども期待しています(笑)

 
 

>女性用ビジネスバッグのページをみる



ページトップへ