キーワード:

価格:

トップページ > かばん販売一筋SAKAEブログ > 自宅でできる!簡単な修理方法

目々澤鞄ブログ

自宅でできる!簡単な修理方法

2015.08.08


ちょっとしたトラブルはすぐに解決

革のバッグや小物を使っていると、水で濡れてしまったり、傷が付いたり、端が剥がれてきたり…ということがありますよね。 小さなトラブルなら、お店に修理を依頼しなくても自分で簡単に直せます。

 

水で濡れてしまったら…

皮革製品は水に弱いものが多く、濡れるとシミや型崩れが生じてしまいます。もし濡れてしまったら、すぐに乾いたきれいな布で水分を拭き取ってください。強くこすると傷や変形の原因になってしまうので、ポンポンと押さえるように軽く拭きましょう 。革全体が濡れている場合は、中に乾いたタオルや新聞紙を詰めて形を整えると、型崩れ防止と乾燥に効果的です。
水分を拭き取ったら、風通しのよい日陰で自然乾燥させます。濡れた革は熱に大変弱いので、直射日光に当てたりドライヤーやヒーターなどで乾燥させることは絶対に避けてください。変形、変質の原因となります。
革が完全に乾いたら、柔らかい布に革製品専用のクリームを付け、薄く塗り伸ばして革にツヤと潤いを与えます。

 

傷が付いたら…

皮革製品は傷が付きやすく、大切に扱っていても簡単に傷ができてしまいます。一度ついてしまった傷は完全に元には戻りません。こういった傷も本革の味とはいえ、やはり場所によっては気になるもの。深くて大きな傷や革がめくれている場合はプロに修理してもらう必要がありますが、浅い傷や小さな傷は自分で目立たないように修復できます。
浅い傷や小さな傷は、傷部分とその周りを指で優しくこすると傷が馴染んで目立たなくなります。またオイルヌメなどオイルを含ませた革なら、使っているうちに革表面の油分が馴染んで自然と傷が目立たなくなってきます。それでも気になる場合は、革製品専用クリームを柔らかい布にとり、傷部分にしっかりと馴染ませましょう。

 

革のコバ(端)が剥がれてきたら…

市販の革用接着剤を塗り、接着してください。※革に使えることをご確認うえ接着剤の使用説明書の内容に従ってください。

 

ねじが緩んできたら…

ハンドバッグの口金部分などのねじが緩んできたら、ドライバーで締め直してください。専用の接着剤をねじに塗ってから締めると効果的です。


ページトップへ