キーワード:

価格:

トップページ > かばん販売一筋SAKAEブログ > 合皮素材の正しいお手入れ方法

目々澤鞄ブログ

合皮素材の正しいお手入れ方法

2020.08.28


黒地のバッグを身に着けてたら、日焼け止めが付いて白くなっちゃった!なんてことございませんか?
実は先日、お客様から合皮素材のバッグに付いた汚れの落とし方についてのお問い合わせがございました。
業者に依頼しなくても、自宅で簡単にできるお手入れ方法をご紹介しますので、是非参考にしてみてください!

 

合成皮革

合成皮革(ごうせいひかく)=合皮とは、天然素材の布地の上に、合成樹脂を塗布し、表面層を天然の革に似せた人口素材のこと。
合成樹脂=ポリ塩化ビニル(PVC)やポリウレタン樹脂(PU)
これらの合成樹脂を表面に塗り、型押しすることで、見た目や触感を天然の皮革に近づけているのです。

 

合皮についた汚れの落とし方と注意点

洗濯用の中性洗剤を使用する場合は、水で薄めた洗剤水を作り、布を濡らして堅く絞って合皮の素材全体を優しく擦ります。中性洗剤以外の洗剤を使用すると、合皮の色落ちや、合皮素材自体に傷がついたり変質して傷めてしまう可能性が有ります。(※使用する中性洗剤の取り扱い説明書などをよくお読みください。)
重曹を使用する場合は、重曹と水で重曹水をつくり、メラミンスポンジなどを使って、合皮の素材全体をしっかりと優しく擦ります。作業後は必ず水拭きをしてから乾拭きをして、重曹や洗剤が残らないように乾燥したかどうか確認するようにしてください。

 

合皮に汚れをつきにくくするには

合皮専用の艶出し用ワックスや保護クリームを使うと、汚れやほこりの付着を事前に防ぐことができます。(※合皮専用クリーナーやワックスなどを使用する場合は取扱説明書をよくお読みください。)



ページトップへ