キーワード:

価格:

トップページ > かばん販売一筋SAKAEブログ > 象革(エレファントレザー)の財布を使って幸せを呼び込もう

目々澤鞄ブログ

象革(エレファントレザー)の財布を使って幸せを呼び込もう

2021.02.05


2021年春、お財布の新調を検討されている方が多いのではないでしょうか?
立春を迎えた日からひな祭りの3月3日までに購入した財布を“春財布”と呼び、この時期に財布を買い替えると縁起が良いと昔から言われているのです。
そこで今回は、幸運をもたらすとされている“エレファントレザー”の財布をご紹介させていただきます。

“エレファントレザー”と聞いてワシントン条約を思い浮かべた方、詳しくは象革やワニ革の財布小物って販売して大丈夫?をご覧ください。

 

エレファントレザーの特徴

・摩擦に強く耐久性に優れている
・型押しでは表現できない本革ならではの毛穴やシワ、擦れなどが見られ、一つとして同じものがない
・草原を駆け回るワイルドなイメージと違い、起毛が柔らかくしっとりとしていて手触りがいい
・マットな質感なので落ち着いた雰囲気がある
・比較的手入れが簡単
・使いうほどに味わい深い表情に変化する“経年変化”を楽しめる
・希少価値が高いため高級である

 

なぜ象革は開運・幸運と呼ばれるのか

象は古くから世界的に幸運の神様や幸せの象徴とされてきました。
例えば、タイでは勇気と誇りの象徴とされています。かつて他国との戦争時、王は象に乗って戦いに挑んだそうです。そのため、象は“王を守り先陣を切って戦う”というイメージからそう呼ばれるようになりました。
インドではヒンドゥー教の神様、ガネーシャとして奉られています。障害を取り払い財産をもたらすとして事業開始と商業の神・学問の神とされています。
西洋では幸せの証とされ、古来よりヨーロッパの王侯貴族の気高さの象徴ともされ、持つ者を幸福へと導くと言われていました。 また、エレファントレザーの財布は風水的にみると、心の安定や後ろ盾の獲得、子孫繁栄などがあるようです。

幸せとの結びつきの深さを感じますね。象が世界的に愛される理由が分かります。

“春財布”のうちにお買い替えを検討されている方、象革財布を選んでみてはいかがでしょうか?

 



ページトップへ