キーワード:

価格:

トップページ > かばん販売一筋SAKAEブログ > TPOに合わせたフォーマルバッグ選び1

目々澤鞄ブログ

TPOに合わせたフォーマルバッグ選び1

2016.09.27


 

フォーマルな場に出席するとき、どんなフォーマルバッグを持っていくべきか迷ったことはありませんか?
冠婚葬祭に欠かせないハンドバッグのエチケットとマナーについて、2回に分けてご紹介していきます。

 

入園・入学式のハンドバッグ

お子様だけでなく、お母様にとっても新生活のスタートとなる入園・入学式。今後お付き合いをしていく方と出会う場でもあるので、華やかで清楚な印象のバッグがぴったりです。
入学・入園式に持っていくメインバッグは、一般的な手提げタイプのフォーマルバッグが適しています。留め金具が付いていても問題ありません。

またスリッパや書類など、メインバッグに入らない荷物を入れるために、シンプルなデザインのサブバッグを用意しておくと便利です。

色はベージュ、アイボリー、薄いピンクなどの淡いカラーがオススメですが、卒業式でも使いたい場合はブラックやネイビーなどの落ち着いた色を選んでもよいでしょう。

注意したいのは、「華やか」と「派手」は意味が違うということです。スパンコールの付いた装飾華美なものや爬虫類革、ブランドロゴの主張が強いバッグなどは、フォーマルな場ではなく普段のお出かけなどに使用するものです。悪目立ちする場合があるので、フォーマルな場での使用は避けた方が無難です。

 

卒園・卒業式のハンドバッグ

卒園・卒業式は、お祝いと同時にそれぞれの進路へと旅立つ別れの場でもあります。
バッグは一般的なマナーとして、入学式同様にフォーマルバッグがオススメです。

色はブラック、ワインといったダークカラーが良いでしょう。特に、黒系のスーツを着ることが多いので、バッグの色もスーツの色と系統を合わせることによって統一感がでてビシッと決まります。落ち着いた雰囲気と上品さを意識するのがいいですね。

卒業式でもサブバッグは重宝します。シンプルなもので、服装に合わせたときに違和感のない色のものを用意しておくとよいでしょう。

もう少しオシャレな服装を楽しみたいときは、インナーの工夫、ネックレス・コサージュ等のアクセサリーで華やかにもできます。

 

0-31


ページトップへ